IdentityV #1 『逃げきるか捕まえるか…』


こんにちは。やさしいごりらです。

2018年7月5日13時より配信開始されました最新スマホゲーム「IdentityV」についての記事となります。

人気ゲームDead by Daylightの開発元のBehaviour Digitalと開発提携しているということで、Dead by Daylightが好きな方は楽しみなゲームです😁

ちなみに僕はDead by Daylightはやったことはありません😅

逆に僕みたいなやったことないけどやってみたいなと思ってた方はDLした方多いと思います。

どんなゲーム?

ではまず基本的な部分、どんなゲームなのか

4人のサバイバーと1人のハンターに分かれて戦う非対称型マルチプレイゲームとなります。

あまり聞きなれない名称だなぁという感じですかね😅

簡単に説明するとサバイバーの4人はハンターに捕まることなく脱出する

ハンターはその脱出しようとするサバイバーを捕まえるというのがこのゲームの根幹部分です。

鬼ごっこみたいなもんですかね👍

サバイバーは捕まっても仲間が助けてくれたら再度行動可能になります。

鬼ごっこというよりこおり鬼ですかね笑

脱出するためには暗号機を解読して脱出ゲートを開くという手順を踏みます。

暗号機の解読には時間がかかったりミスをするとハンターに居場所がバレてしまうリスクがあります。

心臓のドクドクという音が強くなると近くにハンターがいる合図なのですぐに逃げましょう💨

この感覚は今までのスマホゲームにはないハラハラドキドキ感があります😰

ハンターはまずサバイバーを2回攻撃してダウンさせます。

その後ロケットチェアなる椅子に座らせるとサバイバーを確保した状態になります。

4人の内3人脱出でサバイバー勝利、2人脱出で引き分け、1人以下ですとハンターの勝利となります。

ハンターはとにかくサバイバーを見つけてロケットチェアに座らせるのが目的になります。

どんどん捕まえて確保していきましょう✋

リセマラはできる?

リセマラは必要ないかと思います。

というかリセマラできるのかな❓💦

このゲーム結構ストーリーもしっかり作られていまして、マルチプレイができるようになるまで結構時間かかりました。

ガチャはありますが、衣装やモーションなどが出るのでゲームに直接影響しないんじゃないかと思います。

まだ10連引けるだけ貯まってないので頑張って貯めて引いてみたいですね😁

まだわからない部分が多いのでなんとも言えませんが、僕はリセマラなしで始めました✋

やってみた感想

しばらくやってみて感じたことを何点か書いておきます。

まずすぐにマルチプレイしたいと思ってる方は最初はもどかしいかもしれません💦

先ほども述べましたが最初が結構長いです。

ストーリーを指示に従ってプレイしていけばマルチプレイもできるようになります。

ストーリーもしっかりしていますのでやってると結構のめり込みます。

でもメインはマルチですよね✨

マルチをサバイバーとハンターとでやってみましたけど結構楽しめましたよ😁

ランキングとかもあるみたいなのでやるモチベーションにもなります👊

サバイバーだとハラハラドキドキしながら仲間といかに協力して脱出するか

ハンターだといかにそれを阻止するかの駆け引きをしながらのプレイです。

それぞれやる楽しさが違って新鮮でした。

スマホではこれまでこの手のゲームはなかったように思えますので、今後この手のゲームが増えるかもしれませんね💦

サバイバーとハンターそれぞれにスキル(人格)もあります。やっていくとそこの割り振りも大事になってきそうです。

マルチプレイでは最後スコアが出まして、そこも結構細かくて他の方と競い合えます。

下記はMVPだったみたいなので記念に撮りました😁

不満点はスキルや推理の怪などの説明がなくどうしたらいいのかいまいちわからない💦

もうやっていきながら調べながら理解していくしかないですね笑

まとめるとやっててシンプルに楽しい✨

今後もやっていこうと思える作品です。

あとがき

僕の現在の状況載せておきます。↑↑

まだ理解できていない部分も多いですが、根幹は逃げきるか捕まえるか…

そこがシンプルなのでシンプルな部分にうまく味付けしたなという印象。

キャラが豊富ですし、ハンターはちゃんと怖いです😨

今後も色々新たな機能も増えていくでしょうし楽しみです。

これも誰かとやると盛り上がりそうなので奥さん誘ってみようかな〜

ではでは今日はこの辺で( ̄^ ̄)ゞ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加